インフォメーション(更新情報)


2018年12月19日
2.更新情報
WEBセミナー☆「リーフレット解説」掲載

【FP塾プラチナ会員・プレミアム会員の皆様にサイト更新のお知らせ】

WEBセミナーに「リーフレット解説」を掲載しました。
FP塾セミナー映像から特選リーフレット解説をピックアップ!



■ 相続<民法改正>
・No.01 民法[相続法]等の一部が改正になったことはご存知ですか?
・No.02 民法改正により『配偶者の居住権』が保護されることをご存知ですか?
・No.03 配偶者居住権の新設により、評価方法が新しくなります!
・No.04 婚姻期間20年以上の配偶者へ贈与された居住用不動産は、遺産の先渡し(特別受益)の扱いをしない!
・No.05 相続された預貯金債権の仮払い制度ができることをご存知ですか?
・No.06 相続開始後の共同相続人による財産処分について、不公平を是正する方策が設けられます!
・No.07 自筆証書遺言の方式が緩和され、すべてを自筆しなくても良くなります!
・No.08 自筆証書遺言が公的機関(法務局)に保管できるようになります!
・No.09 遺留分算定において、相続人に対する贈与(特別受益)の持戻しが、最長十年に変わります!
・No.10 遺留分を侵害された遺留分権利者は、遺留分侵害額に相当する金銭を請求できるようになります!
・No.11 『相続させる』旨の遺言でも、登記などがないと第三者に対抗できなくなります!
・No.12 相続人以外の親族(子どもの嫁など)による介護等の貢献が報われるようになります!

■ 事業承継<特例>
・No.01 贈与や相続で後継者に渡す自社株の全部について、納税を猶予することができます!
・No.02 『特例承継計画』を都道府県庁に提出することから始めましょう!
・No.03 全株式について、100%の納税猶予が適用!税負担なしで後継者に株式を移すことができます!
・No.04 5年間平均で8割の雇用確保要件は実質撤廃されました!
・No.05 贈与税の特例納税猶予では先代経営者以外の複数の株主からの贈与も納税猶予の対象となります!
・No.06 贈与税の特例納税猶予と相続時精算課税の併用が第三者の後継者にも適用となります!
・No.07 特例事業承継税制において、経営承継期間後の売却・消滅・解散時にも株価再計算による減免制度を導入!
・No.08 特例事業承継税制の『会社の要件』はご存知ですか?
・No.09 贈与税の特例納税猶予の『先代経営者・後継者の要件』はご存知ですか?
・No.10 相続税の特例納税猶予の『先代経営者・後継者の要件』はご存知ですか?
・No.11 特例事業承継税制を検討される場合には、『全体の手続きの流れ』を確認してください!
・No.12 特例贈与後に、先代経営者が死亡した場合は、相続税への切替手続きが必要となります!
・No.13 特例納税猶予の適用後5年間は認定取消しとなるリスクが高いことをご存知ですか?
・No.14 事業承継をおこなう上での主な課題をご存知ですか?

FP塾会員ログイン

ユーザーID 
パスワード  

パスワードを忘れた方→■

FP塾スケジュール

前月 2019年 3月 翌月
#####1
2
大阪Basic
大阪
3
4
5
名古屋
6
7
8
東京
9
東京Basic
東京
10
11
12
福岡
13
14
15
16
17
18
19
広島
20
21
22
仙台
23
24
25
26
27
28
29
30
31
######

facebook